H1

特集 墜落制止用器具

コンテンツ

 

墜落制止用器具

お持ちの安全帯は新規格適合品ですか?


2022年1月2日から旧規格品(安全帯の規格)の”フルハーネス型”・”胴ベルト型”は使用できなくなります。



■規格改正のポイント

 

1.安全帯が「墜落制止用器具」に変更

「安全帯」の名称が「墜落制止用器具」に改められました。「墜落制止用器具」として認められる器具は次の通りです。

 ①フルハーネス型  ②胴ベルト型

※「墜落制止用器具」には、従来の安全帯に含まれていたワークポジショニング用器具であるU字吊り用胴ベルトは含まれません。


2.墜落制止用器具は「フルハーネス型」が原則

墜落制止用器具はフルハーネスが原則ですが、フルハーネス型の着用者が墜落時に地面に到達するおそれのある場合(高さが6.75m以下)は「胴ベルト型」を使用できます。

3.「安全衛生特別教育」が必要

次の業務を行う労働者は、特別教育(学科4.5時間、実技1.5時間)を受けなければなりません。「高さが2m以上の箇所であって作業床を設けることが困難なところにおいて、墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用いて行う作業に係る業務(ロープ高所作業に係る業務を除く)」(労働安全衛生法 第59条)



フルハーネス型と胴ベルト型の選定と使い分けについて

■(Q&A)フルハーネス型と胴ベルト型の選定と使い分けについて


Q1. 全員がフルハーネス型を使用しなければならないのですか?

『高さが2m 以上の箇所であって作業床を設けることが困難なところ』においては、フルハーネス型を使用することが原則です。

ただし、フルハーネス型の着用者が地面に到達する恐れのある場合(高さが6.75m 以下)は、胴ベルト型を使用することができます。

また、厚生労働省による「墜落制止用器具の安全な使用に関するガイドライン」には、 一般的な建設作業の場合は5m を超える箇所、柱上作業等の場合は2m 以上の箇所では、フルハーネス型の使用が推奨されています。


Q2. なぜ、建設業は5m を基準としているのですか?

従来から、建設業ではランヤードのフックは腰より上の高さにかけるように指導されています。 この条件では、フルハーネス型の着用者が5m を超える箇所から墜落阻止した場合に、地面に到達するおそれがないと考えられます。

Q3. フルハーネス型を使用し、落下距離を短くする有効な方法はありますか?

6.75m(建設業の場合は5m)以下のところでフルハーネス型を使用される場合は、ロック装置付き巻取器のランヤードを推奨しています。 墜落制止時にランヤードが急に引っ張られると巻取器のストラップがロックするため、落下距離を最小限に抑えることができます。

Q4. 胴ベルト型とフルハーネス型では墜落時にかかる衝撃の負担に差がありますか?

胴ベルト型は胴部に衝撃が集中して加わります。 それに対し、フルハーネス型は肩や腿に衝撃が分散されるため、身体にかかる負担が軽減されます

 タニザワのフルハーネス

<墜落制止用器具 着用・吊デモ>


【商品ラインナップ】

     https://www.tanizawa.co.jp/products/harness

【関連商品】

    https://www.tanizawa.co.jp/products/harness-option


参考:株式会社谷沢製作所 墜落制止用器具カタログ
監修:株式会社谷沢製作所